典型的な軽自動車として有名なスズキのワゴンRは

車種の違いによって人気色も違う

車種の違いによって人気色も違う事をご存知ですか?トラックといえばホワイトが常に人気です。ところが、他の車種の場合は、査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。

良く買われている色、つまり「定番色」が査定結果に有利に働きます。
また、同じ色でもパール系やメタリック系のカラーはソリッド系の色よりも人気が高く、査定額が高いとされています。

また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。先日、査定表を確認して気を落としました。
俺の車はこれくらいの価値なんだと気付きました。素人とは別で、あちこち点検が組み込まれていました。


落胆してしまったので、他の買取業者にも査定をしてもらったのですが、あまり変わらない内容でした。


数日前に、運転中に事故を起こしてしまいました。事故で壊れた車をどうするか正直迷いましたが、結局、修理する方を選びました。修理するといくらかかるのか見積もりを出してもらって、買い替えか修理か悩んだ結果です。今は、代車を借りています。修理が終わって車が戻ってくるのが待ち遠しいです。



車の査定を受けることになって、その前に、車体についた傷をどうしたらいいか判断できないケースもありそうです。小さくて浅い、自分で修理可能な傷だったら、きれいに直して評価アップを期待したいところですが、別に修理に出さなくても問題ないです。なぜなら直したことで上がる査定額分よりもまず修理代の方が高くなるためで、ですから大きめの傷は修理しようとしないで現状のままプロの査定を受けてしまうのが良いです。車の現状はその見極めにおいて外せないチェックポイントになります。壊れた箇所がある場合、はっきりとわかるような大きなヘコミや傷がある場合は、大幅なマイナスポイントとなってしまいます。
走った距離は基本的に短い分だけ評価も上がると思ってください。
真新しい状態で購入して5年落ちの状態なら、3~4万キロだと高評価となります。


今日の車査定は、以前とはだいぶ様子の異なるものとなっていて手間も時間もかからないものとなりました。
ネットにつなげるパソコンかスマホで速やかに一括査定サイトを通して手続きができます。使い方は簡単で、複雑な手続きを必要とすることはありません。車種やメーカー、年式などといった基本情報と、連絡先などを画面に打ち込むことで数社の査定額がわかる仕組みになっています。
自分の時間がとれない、忙しい人でもスマホがあれば通勤電車内や休憩時間中といったほんの少しの間に、こういった査定サイトを利用できます。


車を手放す時には車査定に出すことがおおいでしょう。

気をつけた方が良いと思われることは悪徳業者ではないか注意することです。


頼む前からわざわざ悪徳業者を選んで査定依頼する方は考えにくいですが、もしもの場合のためにも知っているところに売る方が心配はないです。



自動車査定の際、高額査定のポイントの一つに挙げられるのが、その車が人気があることです。

マーケットでの評判がいい場合、たとえ高値で買い取ったとしても早めに売れてしまうことが予想され、値を落とさずとも売れる可能性が高いため査定価格がわりあい高めに出ることが多くなると考えられます。そのようなものに当てはまるのが、アルフォードやワゴンR、フィット、それから、ハリアーなどで、これらは特に人気のある車種です。